家を建て替えしました。

家を建てる前は築20年ほどの一軒家に住んでました。
贅沢は言えませんが小さな家でした。
住みながら、建て替える時はあーしたいこーしたいと色々考えてました。
ただ全ての要望を叶えるにはそれ相応のお金が必要になります。
さすがに全ては無理だったので、おしゃれやこだわりは諦め、生活面の不便を感じてたところを中心に考えました。
まずは台所。
いままではとても小さく簡易的なキッチンでした。
ガスコンロで、食器収納は小さい。
食料保管場所も狭い。
もちろん食器洗浄機はなし。
これらをどうするか、夫婦で話し合いました。
コンロは料理のやりがいを考え、結局ガスにしました。
食器収納棚や食料保管場所はそれなりに欲しかったのでキッチン全体を広めにしました。
それによって念願の食洗機を置けました。
食器棚、食料保管場所のスペースを確保したことにより常に片付いてる状態が保てるようになりました。
あとは普段の生活スペースの収納場所。
クローゼットが一つあっただけなので何もかも詰め込まれてました。
そのせいで必要なものを探すのも一苦労でした。
お金がない中で自分たちが考えたのはやっぱりキレイに生活していきたいということになりました。
いまは以前に比べ、それなりに片付いた状態で物が迷子になりにくい生活をできています。